バナナダイエットのやり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おやつにバナナは入りますか?

遠足でのQ&Aの定番のバナナ。
やわらかくて甘くて、おなか一杯になるバナナは、小さい頃から身近で美味しい
おやつの王様でした。
そんなバナナでダイエットが、できたらあなたはどうしますか?

2006年にテレビやインターネットで取り上げられた「バナナダイエット」、
あの騒動をまだ覚えている方もいらっしゃるかもしれません。

本当に一時はスーパーのバナナ売り場が、スッカラカンになる勢いで、
ブームは加熱する一方、日本各地でバナナが超品薄状態になりましたね。

幸い、今はそんな騒動もなくバナナは今日も価格と栄養の優等生です。
スーパーにいけばあの美しい黄色と、バナナの独特の風味に食欲を刺激されることも。

バナナダイエットという名前のこのダイエット方法はまったく簡単、なんと毎日、
朝ご飯をバナナと常温の水で摂取するだけです。

ダイエットでは水をたくさんとるのは常識ですが、それもバナナを何本でも
食べていいのです。

後は普通に適度な量や時間で昼食、夕食を食べるだけ。
それでとっても効果があるなんて信じられない話ですが、それがバナナダイエットなら
可能です。

バナナはフィリピンでも台湾でもモンキーでも種類はなんでも、いいのですが、
バナナダイエットは生のバナナを食べることが大事です。

おいしいバナナは付け根が新鮮で果皮が黄色く色づき、果皮に茶色の斑点
「シュガースポット」が、出てくると食べ頃で、果肉がやわらかくなり甘みが強くなります。

今朝はバナナが食べたくないなぁという時は、他の果物を食べても良いですし、
バナナダイエットはバナナ好きな人にはスムースに長続きできそうです。

バナナダイエットの仕組み

バナナダイエットはいったいどういう原理でダイエット効果があるのでしょうか?

バナナの栄養素は、消化しやすく、すぐに燃焼してエネルギーになってくれる
性質があるので、受験生やスポーツ選手が本番前の栄養補給によく食べています。

バナナの主な栄養成分は、余計なナトリウムを排泄し血圧を抑制するカリウム、
便秘改善に効果のある食物繊維、ダイエットやアンチエイジングに欠かせない、
新陳代謝を促進するマグネシウム、消化を助け、腸内のビフィズス菌を増やす
フラクトオリゴ糖なども、豊富に含まれています。

つまりバナナダイエットで毎朝食べるバナナのカロリーは、その栄養素の効果と
あいまって、すぐに消費され身体に蓄積されにくいのです。
ここがバナナダイエットでバナナを好きなだけ、食べてもいいといわれる理由です。

その上、朝のバナナと水分は腸内環境を整え、便通をスムーズにさせ、
身体の中の毒素のデトックスの役割も果たしてくれています。

芸能人では森久美子さんや深田恭子さんがバナナダイエットを成功させています。
森さんが、運動しなくてよい、好きなものが食べられる、リバウンドしない、
の三つを理由に選んだダイエット方法がバナナダイエットです。

そして見事一ヵ月半の実践で、体重を7㎏減らし、ウエストも9cm減ったそうですから
驚きです。

バナナの高い栄養素や繊維質がダイエットに効果を発揮しているバナナダイエットは、
朝ごはんを抜くというダイエット生活の最初のつまずきを、毎朝バナナを食べることで、
食習慣を改善し、その人をより痩せやすい体質に導いてくれます。
これがバナナダイエットが成功する仕組みなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*